ログイン・会員登録
ログイン・会員登録メールフォームへ

SPECIAL FEATURE 特集ページ

ボストン美術館 ~日本美術~   

ボストン美術館 ~日本美術~

この度、ボストン美術館の収蔵品の写真提供が可能となりました。1876年に開館したボストン美術館は約50万点にも及ぶ作品を収蔵しており、中でも10万点を越える日本美術のコレクションは世界屈指の質と規模を誇ります。エドワード・モース、アーネスト・フェノロサ、岡倉天心、ウィリアム・スタージス・ビゲローにより収集された作品群を核に、100年以上に亘り集められてきたコレクションは、日本の国宝級ともいえる秀逸な作品を多く含みます。今回は「東洋美術の殿堂」と称されるボストン美術館から日本美術をご紹介します。

 

日本画

明治維新後の文明開化期、国民から日本の伝統美術が軽んじられる中、フェノロサとビゲロー、二人のアメリカ人がその価値を見出し、日本美術の保護や発展に貢献しました。彼らが日本滞在中に収集した膨大な数の美術品は、殆ど散逸することなくボストン美術館に寄託されました。

フェノロサのコレクション、及び、ビゲローのコレクションには、信仰の対象である仏画、屏風や掛け軸などの調度品に描かれた閑寂な山水画、近代的自我意識の萌芽が認められるエネルギッシュな近世絵画等々、幅広い年代と種類の日本画が収蔵されています。


写真: 伝狩野永徳 ≪韃靼人朝貢図屏風≫ 安土桃山時代 16世紀後半


  • ≪普賢延命菩薩像≫ 平安時代 12世紀中頃

  • ≪馬頭観音菩薩像≫ 平安時代 12世紀中頃

  • ≪大威徳明王像≫ 鎌倉時代 13世紀前半

  • 英一蝶 ≪仏涅槃図≫ 江戸時代 1713年

  • 賢江祥啓 ≪山水図≫ 室町時代15~16世紀

  • 円山応挙 ≪虎図≫ 江戸時代 1777年

  • 葛飾応為 ≪三曲合奏図≫ 江戸時代 1818-44年

  • 狩野芳崖 ≪谿間雄飛図≫ 明治時代 1885-86年

  • 伝狩野雅楽助 ≪松に麝香猫図屏風≫ 室町時代 16世紀中頃

  • 曽我二直菴 ≪鷙鳥図屏風≫ 江戸時代 17世紀

  • 狩野永納 ≪四季花鳥図屏風≫ 江戸時代 17世紀後半

  • 曽我蕭白 ≪風仙図屏風≫ 江戸時代 1764年

工芸品

「東洋美術の殿堂」とされるボストン美術館には、日本の美術工芸品も数多く収蔵されています。ここでは鎌倉時代から明治時代に作られた様々な工芸品を紹介します。

快慶作と伝わる「弥勒菩薩立像」を初め、海外でも多くの人々を魅了したこれらの作品の数々は、日本の伝統が生んだ精緻な技の美といえます。


写真:快慶 ≪弥勒菩薩立像≫ 鎌倉時代

  • 乱れ箱 高台寺蒔絵 桃山時代 16世紀末期

  • 根付 江戸時代

  • 戒体箱 鎌倉時代

  • 印籠 19世紀初期

  • ≪落ち葉に眠る猪≫ 明治時代

  • 鍔 16世紀後期 桃山時代

  • 根付 江戸時代

  • 太刀 ≪銘 備州長船兼光≫ 14世紀 鎌倉時代後期~南北朝時代

新版画

明治時代に衰退した日本の浮世絵版画ですが、大正時代に入り新しい浮世絵版画いわゆる新版画が生まれました。ここでは海外で評価、知名度ともに高い三人の版画家の作品を紹介します。

一人目は川瀬巴水です。川瀬巴水は近代風景版画の第一人者で「昭和の広重」とも呼ばれた版画家です。
二人目は小原古邨です。小原古邨は海外のアーティスト達にも注目され、ロートレック、モネ、クリムトなどもその作品を収集したといわれています。
三人目は吉田博です。風景画家としてスタートした吉田博は大正後期頃より木版画に力を注ぎ、アメリカやヨーロッパなど世界を巡り描いた風景版画は今なお国内外の版画愛好家を魅了しています。


写真:川瀬巴水 ≪芝増上寺≫ 1925年

  • 川瀬巴水 ≪御茶ノ水≫ 1926年

  • 川瀬巴水 ≪船堀の雪≫ 1932年

  • 川瀬巴水 ≪雪の向島≫ 1931年

  • 川瀬巴水 ≪五月雨≫ 1932年

  • 川瀬巴水 ≪雪の宮島≫ 1929年

  • 小原古邨 ≪雪の松に鷹≫ 1926年

  • 小原古邨 ≪踊る狐≫ 明治時代

  • 小原古邨 ≪睡蓮≫ 1920年代

  • 小原古邨 ≪夜桜にミミズク≫ 1926年

  • 吉田博 ≪瀬戸内海集 帆船≫ 1926年

  • 吉田博 ≪日田筑後川の夕≫ 1927年

  • 吉田博 ≪隅田川≫ 1926年

絵葉書

ボストン美術館には明治後期から昭和初期の日本の絵葉書がコレクションされています。

明治33年(1900年)に一般の印刷業者が発行する「私製はがき」が導入されたのをきっかけに、流行し始めた絵葉書。使われている色数は少ないながらも、人気の洋画家、日本画家、版画家の手になるユニークなデザインが、四季折々の風景、当時の風俗、物語の世界の幻想的な場面を鮮やかに伝えてくれます。


写真:竹久夢二 ≪シーサイドより~朝の海≫ リトグラフ 1910年

  • 藤島 武二 ≪美人と音曲より~琵琶(芸妓)≫ 木版画・ステンシル 1905年

  • 浅井忠 ≪今様大津絵より~擬藤娘(女学生)≫ リトグラフ 1905年

  • 尾竹国観 ≪はがき絵 廊十二時より~朝手水≫ 木版画 1906年

  • 満谷 国四郎 ≪洋画六大家合作より~くらおき馬(曙光)≫ リトグラフ 1906年

  • 丸山晩霞 ≪睡蓮池≫ リトグラフ 制作年不詳

  • 竹久夢二 ≪シーサイドより~灯台守の第二女≫ リトグラフ 1910年

  • 北澤楽天 ≪文明の普及より~大仏の非露仏 漫画葉書≫ リトグラフ 1905年

  • 梶田 半古 ≪源氏物語より~蓬生≫ リトグラフ 1905年

  • 中村不折 ≪曲線東都六景より~品川袖ヶ浦の月≫ 木版画 制作年不詳

  • 武内桂舟 ≪桃太郎とお供たち≫ リトグラフ 制作年不詳

  • 池田蕉園 ≪女学世界付録~花の雲≫ リトグラフ 1906年

  • 山村耕花(豊成) ≪懸想文≫ リトグラフ 1906年消印

過去の特集
お問い合わせ・ご相談無料

お電話でのお問い合わせ 03-3264-3761 受付時間:月〜金 10時〜19時

メールフォームへ